不動産業界の必須資格・宅建

宅建 資格 メリット

宅建士だけの独占業務がある
不動産・金融業界の就職に強い
資格手当・職能手当が付くことも
不動産の知識が身に付く

 

宅建士(宅地建物取引士)は不動産業界では必携とされる人気資格。宅建士だけができる『独占業務』があることから需要が高く、就職・転職・再就職に強い!もちろん事務にも活かせます。

 

国家資格でありながら誰でも受験OK、今からでも狙える国家資格です。身に付けた知識は、自身のマイホーム購入時にも役立ちますよ。

 

\無料で資料請求できます♪/

 

 

宅建士資格取得にかかる費用

宅建 資格 費用

 

宅建受験料は7,000円です。これに学習費用や会場までの交通費、証明写真代などの諸経費が加わります。

 

勉強方法ごとの宅建士資格取得にかかる費用の比較は以下のとおり。

 

通信講座…30,000〜150,000円
独 学 …15,000〜25,000円
学校…130,000〜230,000円

 

それぞれの料金の内訳を見ていきましょう。

 

 

宅建 通信講座の料金内訳

宅建 通信講座 費用

 

  • 受講料(20,000〜150,000円)
  • 受験料(7,000円)
  • 諸経費(2,000円)

 

通信講座の費用は30,000〜150,000円。通信はテキスト・問題集代がすべて受講料に含まれ、添削指導やメール質問などサポートを受けることができます。

 

受講料にかなり幅があるので、費用を抑えるには安くて良い講座を見極めるのがポイント!

 

通信講座の学費を比較

 

ヒューマンアカデミー

宅建 通信講座 費用 料金 ヒューマンアカデミー

■宅地建物取引士講座
料金:19,440円(約6ヶ月)

日建学院

宅建 通信講座 費用 料金 日建学院

■宅建通信合格コース
料金:41,040円(約3ヶ月)

ユーキャン

宅建 通信講座 費用 料金 ユーキャン

■宅建士講座
料金:63,000円(約6ヶ月)

総合資格学院

宅建 通信講座 費用 料金 資格総合学院

■宅建通信講座
料金:38,880円(約5ヶ月)

フォーサイト

宅建 通信講座 費用 料金 フォーサイト

■宅建合格講座(DVDコース)
料金:47,900円(約5ヶ月)

資格の大原

宅建 通信講座 費用 料金 大原

■宅建完全合格週2コース[Web通信]
料金:134,000円(約6ヶ月)
■宅建完全合格週2コース[DVD通信]
料金:147,000円(約6ヶ月)

資格の学校TAC

宅建 通信講座 費用 料金 TAC

■宅建士講座総合本科生 (Web通信)
料金:138,000円(約6ヶ月)
■宅建士講座総合本科生 (DVD通信)
料金:147,000円(約6ヶ月)
※どちらも別途入学金10,000円

 

テキスト・問題集だけの講座は3〜6万円、WebやDVDの講義動画付きのものは13〜15万円が相場。

 

最安の宅建士通信講座は?

一番安い講座はヒューマンアカデミーで、こちらは2万円を切ります。

 

初心者の人は値段だけでなく、教材やアフターフォローもしっかりチェック。各講座の詳しい内容は資料請求(無料)で見られるので、取り寄せて比較してみてください!

 

【無料】講座の資料請求をする >>

 

 

 

独学と通信講座の費用を比べてみると

宅建 独学 費用

 

  • テキスト(2,500〜3,500円)
  • 問題集(2,000〜3,000円)
  • 受験料(7,000円)
  • 諸経費(2,000円)

 

独学の費用は15,000〜25,000円。最も費用をかけず勉強できます。ただ、つまづいた所を自分で調べないといけないのでモチベーションを維持できるかがポイント。

 

市販しているテキストの値段は?

参考書の相場は3,000円前後。試験範囲が広いので情報量の多いテキストを選びましょう。ページ数が少ないものを選ぶと、後から買い直すことになります。

 

過去問や予想問題集の相場は2,800円ほど。問題集・過去問は複数こなし、回答パターンを身に付けます。費用は掛かりますが、2〜3冊は欲しいところ。

 

 

通学講座と通信講座の費用を比べると

宅建 スクール 費用

 

  • 受講料(120,000〜200,000円)
  • 交通費(10,000〜20,000円)
  • 受験料(7,000円)
  • 諸経費(2,000円)

 

通学講座の費用は130,000〜230,000円。学費はやや高額ですが、確実に合格を目指すなら通学が一番!キメ細かい指導や対策講座・直前模試で合格を引き寄せます。

 

通学は『教室までの交通費』が発生します。「通える範囲に教室があるか」も学校選びのポイント。

 

スクールごとの学費

DAiEi(大栄)

宅建 学校 スクール 費用 大栄

■宅建士短期合格コース
料金:114,804円(約3ヶ月)
※別途入学金:21,600円

TOP宅建学院

宅建 学校 スクール 費用 宅建学院

■ゼロから合格!チャレンジコース
料金:129,600円(約10ヶ月)
※別途入学金:8,640円
※別途教材費:10,800円

資格の学校TAC

宅建 学校 スクール 費用 TAC

■宅建士講座総合本科生S
料金:158,000円(約6ヶ月)
※別途入学金:10,000円

日建学院

宅建 学校 スクール 費用 日建学院

■宅地建物取引士本科コース
料金:216,000円(約6ヶ月)

 

学校の料金相場は15万円前後。在籍期間や受講回数、個別指導の有無などで料金に差が付きます。

 

働きながら勉強する人は、土日開講や夜間講座があるかどうかもチェックしましょう。各講座の詳しい内容は資料請求(無料)から知ることができます。

 

【無料】講座の資料請求をする >>

 

 

宅建の資格を取るには

宅建 資格 取り方 取得方法

  1. 郵送またはネットから受験申請
  2. 参考書や通信講座・学校で勉強
  3. 毎年10月実施の試験に挑戦する
  4. HPで合格者受験番号が掲示される
  5. 『合格証書』とその後の手続きの案内が郵送される

 

試験の受付は例年7月上旬から始まり、10月の第3日曜日に試験本番を迎えます。チャンスは年1回しかないので1発合格を目指したいところ。

 

宅建の合格率は例年15〜17%前後。難易度は日商簿記2級と同ランクとされ、初心者の標準勉強期間は約6ヶ月(200〜300時間)と言われています。準備は万全で臨みましょう!

 

宅建の受験資格は?

宅建は国家資格ですが受験資格不要。年齢・性別・学歴に関係なく誰でも受験できます。

 

試験会場は?

試験は全国で実施され、自分が住む都道府県で受験することができます。会場は大学・専門学校のキャンパスや文化センターなど様々で、受験申込をすると『試験会場通知』が送付されます。

 

詳細はこちら:一般財団法人 不動産適正取引推進機構から確認できます。

 

 

宅建士資格の試験内容

 

宅地建物取引士の試験は全50問・四肢択一式による筆記試験。

 

■試験範囲

  1. 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
  2. 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
  3. 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
  4. 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
  5. 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
  6. 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
  7. 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

引用:一般財団法人 不動産適正取引推進機構 | 宅建試験 | 宅建試験の概要

 

■出題科目

  1. 民法・権利関係(14問)
  2. 宅建業法(20問)
  3. 法令上の制限(8問)
  4. 税・価格(3問)
  5. その他・免除科目(5問)

 

合格基準として決まった点数は無く、例年31〜36点が合格ラインとされています。合格率は例年15〜17%で安定しています。

 

出題が多い民法・権利・宅建業法は取りこぼしなく押さえておきたいところ!

 

一生の武器になる宅建、通信講座なら6ヶ月で

宅建 難易度 合格率

 

初心者から宅建士を目指す場合、トータルで300時間の学習が必要と言われています。

 

  • 1日1時間なら300日(約10ヶ月)
  • 1日2時間なら150日(約5ヶ月)
  • 1日3時間なら100日(約3ヶ月)

 

毎日勉強できるとは限らないので、実際の期間は半年〜1年は見ておきましょう。パパっと取れる資格ではありませんが取得できれば一生モノ。挑戦する価値は十分あります。

 

独学で難しい場合は3〜6ヶ月でカリキュラムが組まれた通信講座もあります。社会人や学生でも、通勤・通学時間を利用すれば効率よく学習が進められますよ!

 

\無料で資料請求できます♪/

 

 

▼2019年No.1資格は?▼

事務資格ランキング

 

 

>> 事務資格100選|転職にも有利な資格ランキング【2019年版】  TOP

TOPへ